2017

[29] 「単一スピン制御のための単分子コンタクトの理論的研究」
多田朋史、第97日本化学会春季年会、慶應義塾大学、日吉キャンパス、2017年3月

2016

[28] THEORETICAL STUDY ON A SINGLE MOLECULAR SPIN CONTROL AND DETECTION FOR QUANTUM INFORMATION PROCESSING ,
Tomofumi Tada, OCUIC2016, Osaka Univ., Aug. 2016.

[27] 「第一原理計算とモンテカルロ計算による原子スケールからの電流シミュレーションと電極材料設計」
多田朋史、第一回材料設計討論会、東京工業大学、2016年8月

2015

[26] High-throughput ab initio study for 2D electride materials ,
Tomofumi Tada, Takeshi Inoshita, Hideo Hosono, Pacifichem2015, Honolulu, USA, Dec. 2015.

[25] Hybrid density functional study on electron transport though π-stack molecular junctions for high conductance,
Tomofumi Tada, Pacifichem2015, Honolulu, USA, Dec. 2015.

[24] 「イオン輸送と電子輸送に関する 第一原理計算からの マルチスケールシミュレーション」
多田朋史、High Performance Computing Chemistry (HPCC) -2015-、理化学研究所 計算科学研究機構(RIKEN AICS)、2015年12月

[23] 「有機高分子ワイヤーの 量子波束散乱シミュレーションの 現状と今後について」
多田朋史、数理構造保存を接点とした数学・HPC・実科学のクロスオーバー、電気通信大学、2015年11月

[22] 「第一原理計算からの固体酸化物形燃料電池材料設計に向けて」
多田朋史、第11回固体イオニクスセミナー、熱川ハイツ、2015年8月

[21] Wave packet scattering simulations for spin dependent transport in molecular-spin junctions,
Tomofumi Tada, CT-NanoSim2015, Univ. of Tsukuba, Japan, Sep. 2015.

[20] 「電子伝導とイオン伝導に関する第一原理計算からのマルチスケールシミュレーション」
多田朋史、第28期CAMMフォーラム、アイビーホール(東京表参道)、2015年5月

[19] 「πスタック単分子架橋系の量子輸送計算」
多田朋史、第95日本化学会春季年会、日大船橋キャンパス、2015年3月

2014

[18] 「π造形科学:電子と構造のダイナミズム制御による新機能創出」
多田朋史、福島孝典、第8回物性科学領域横断研究会、大阪大学、2014年11月

[17] 「高移動度分子ワイヤ設計のための分子軌道理論と量子波束散乱計算」
多田朋史、第94日本化学会春季年会、名古屋大学、2014年3月

2013

[16]動的モンテカルロシミュレーションの並列化技法,
多田朋史、大規模KMCセミナー、核融合科学研究所、2013年10月

[15]第一原理計算と動的モンテカルロ法によるSOFC三相界面反応場設計のためのマルチスケールシミュレーション,
多田朋史、第112回触媒討論会、秋田大学、2013年9月

[14] First-principles and Kinetic Monte Carlo Simulation on Triple Phase Boundary of Solid Oxide Fuel Cell Anode,
Tomofumi Tada and Seiji Takemoto, IMPRES, Kyusyu University, Sep. 2013.

[13] 「πスタック分子架橋の伝導計算と分子接合設計」
多田朋史、第93日本化学会春季年会、立命館大学、2013年3月

2012

[12] First Principles Calculations of the Chemical Reactions at the Triple Phase Boundary in Solid Oxide Fuel Cells,
Tomofumi Tada, Nano Science and Technologies 2012, Qingdao, China, Oct. 2012.

[11] Nanoscale and multiscale simulations on ion migration and chemical reaction in SOFC,
Tomofumi Tada and Satoshi Watanabe,244th American Chemical Society National Meeting & Exhibition, Philadelphia, PA, USA, Aug. 2012.

[10] Frontiers in electronic structure calculations for single molecular junctions ,
Tomofumi Tada, Asian International Symposium -Theoretical Chemistry, Chemoinformatics, Computational Chemistry-, Tokyo, 26th Mar. 2012.

2011

[9] Quantum transport and quantum information processing on single molecular junctions from first principles,
Tomofumi Tada, The 14th Asian Workshop on First-Principles Electronic Structure Calculations, Takeda Building (The University of Tokyo), Tokyo, 30th Oct. - 2nd Nov. 2011.

[8] Molecular orbital concept on spin flip transport in a single molecular junction,
Tomofumi Tada, China-Japan Joint Symposium on Current and Future Molecular Electronics, Nanjing University, Nanjing, 24th Oct. - 27th Oct. 2011.

[7] 「計算機シミュレーションによる次世代デバイスの設計-高校化学とナノテクノロジー」
多田朋史、「理数科セミナー」、東京大学工学部4号館、2011年8月

[6] 「単一分子接合における量子輸送特性に関する分子軌道論的理解」
多田朋史、第69回表面科学研究会 単一分子の科学、東京工業大学デジタル多目的ホール、2011年3月

2010

[5] 「核スピン反転を利用した単一分子接合系における量子演算素子に関する第一原理計算」
多田朋史、単一分子エレクトロニクスの現状認識と近未来実現へ向けての中核体制構築第二回研究会、国際高等研究所、2010年10月

[4] 「SOFC燃料酸化反応における素電圧の第一原理計算」
多田朋史、第6回固体イオニクスセミナー、八王子セミナーハウス、2010年9月

[3] 「単一分子接合における電子-核スピンフリップを利用した量子演算素子の理論的研究」
多田朋史、日本化学会新領域研究グループ「ナノスケール分子デバイス」第2回若手セミナー、大阪大学産業科学研究所産業科学ナノテクノロジーセンター、2010年8月

2007

[2] 「イオン伝導体-金属接合型原子スイッチの界面構造と伝導特性に関する第一原理計算」
多田朋史、計算物性物理の進展、東京大学物性研究所、2007年11月

2006

[1]「ナノスケール電気物性計測に関するシミュレーション」
多田朋史、平成17年度東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会「次世代ナノ・エレクトロニクスのための光・スピン・電荷制御の理論」、東北大学電気通信研究所、2006年3月


Designed by CSS.Design Sample